頑張って夏ダイエットして痩せたのに、秋になって太らないための対策

更新日:

食欲の秋とはよく言ったものですね。
本当に秋は太りやすいです。

秋だから旬のものが増えますが、旬のものをたくさん食べて太るというのはちょっと考えにくいかもしれません。むしろ食べる機会が、時間が多くなるからかもしれませんね。

・秋はそもそも冬に備えて太りやすい季節

 

動物も同じですが人間も冬の寒さに備えて脂肪を蓄えようと体が欲します。
野生の動物は冬はなかなかエサが獲れないので、越冬するためにできるだけ秋に餌を捕獲し、体内に脂肪として蓄え冬眠するわけですね。

・気温が下がると太りやすい?!

 

気温が下がると体は体温を保とうとするためにエネルギーを使い、体温を上げようとします。この時にエネルギーが必要となるのでその分食べようとするわけです。

ただ体に十分な脂肪やエネルギーがあったとしても代謝が悪いとそれが消化されません。運動する習慣がないと筋肉量が少なくなるので脂肪を燃焼することができなります。

・太らないようにするためには

 

日頃から運動する習慣の無い人は、涼しくなる秋や冬ぐらいからジョギング等始めると良いと言われています。

それは夏だとどうしても気温が高く、脱水症状や熱中症等を併発する可能性があるからです。特に最近の夏は35度以上とか10年前ぐらいでは考えられないような気温が続く場合があるので、真夏にいきなり慣れていない距離を走ったり無理をするのは控えましょう。

ですが、気温が下がればジョギング等有酸素運動をして体温があがっても続けることができます。真冬に良くマラソン大会等ありますね。スタート地点を見ていると半そで半パンでとても寒そうですが、走っている間にどんどん体温があがってくるんですね。

 

なので、秋は太りやすいと同時に、運動の秋とも言われているように何かはじめるにはとても適した季節です。

夏は暑くて億劫だった運動も、この季節に少しづつでも初めて筋肉量を増やし適度な運動を心がけてはいかがでしょうか。

・やはり夜遅い食事は禁物

 

飲み会や、仕事が終わってからの食事はどうしても遅くなりがち。
「そもそも20時までに夕食をすませるなんて無理!」って方も多いかもしれません。

ですがやはり20時以降の夕食はダイエットを目指しているのであればおすすめできません。とくに20時以降の食事は夕食をとおりこして「夜食」になります。

そもそも人間の体は夜になるとエネルギーの消化が低くなります。朝が最も高いので時間が経過するにつれてエネルギーを使わなくなるのですね。
その際に、カロリーの多い夕食をしかも寝る前に食べてしまうと、ほとんど消化されない状態で蓄積されてしまいます。
結果、脂肪としてたまっていくわけです。

・時間よりも質や量!

ダイエット本には様々な事がかかれています。正直何をあてにしていいかわからなくなりますよね。
ネットでの情報というのは、とらえ方次第なのですが、どうも自分にあてはまる内容や自分に都合の良い情報を鵜呑みにする傾向があります。なので

「夜食は絶対に20時以降はたべてはいけない!」

「〇〇ダイエットは有効だが、〇〇ダイエットは全然効果なし!」

など、ごまんと情報がありますが、

「20時以降の食事はできるだけさけたほうがよい、ただし質や量を見直し、適度な運動もできればよい」

というのが正解なのではないでしょうか。

 

 

よく、夜食を完全に抜いてしまうと効果もてきめんらしいですが、どうしても朝と昼間にエネルギーを蓄えようとする傾向があるのでかえってリバウンドが激しくなる体質になりやすい、と聞いたことがあります。

・・・そうですね、確かに食事を長時間しなければ、次の食事で「当分食べれないから今のうちにエネルギーを蓄えておこう」
なんて考えるからかもしれません。

ですが、単純に夜食を抜くだけでは、痩せやすい体質であればいいですがエネルギーを消化できる状態であることが必要です。

その状態とは、適度な筋肉がついた体です。筋肉がなければ脂肪を燃焼させるだけの運動ができません。バランスが大事、ということですね。

おすすめ!エステ体験に戻る

-ダイエットは千差万別

Copyright© エステ体験ランキング 脱毛痩身 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.